お世話になっている先生方

音楽監督 伊東恵司 氏

音楽監督 伊東恵司 氏

   1990年、同志社大学(ポストモダン芸術論を専攻)を卒業。同志社グリークラブの学生指揮者として福永陽一郎氏に師事。
   卒業後、多数の合唱団で合唱指導を開始。1999年から2009年までに出場した全日本合唱コンクールでは、「なにわコラリアーズ」の10年連続金賞を始め3つの合唱団で15個の金賞を受賞。宝塚国際室内合唱コンクール20周年記念大会では海外の団体をおさえ総合グランプリを獲得している。
   現在は、全国各地で審査員や合唱指導を引き受けるほか「アルティ声楽アンサンブルフェスティバル(京都)」「コーラスめっせ(大阪)」「オール新作コンサート」等の新規合唱フェスティバルの企画や主催、市民参加型合唱劇や学生指導者合宿の企画、児童合唱(みやこキッズハーモニー)の創設、世代間を取り結ぶ「京都のわらべ歌プロジェクト」を企画する等、合唱に関する多彩な仕掛けを行っており、広く各方面から注目を浴びている。


指揮者 木越智彦 氏

常任指揮者

   富山県出身、長野県在住。2016年信州大学 (博士課程:理学博士) を修了。湖沼堆積物を用いた古気候・古環境復元を研究としていた。
   指揮法は中村雅夫氏、合唱指導を中村雅夫氏、近藤基氏に師事。信州大学混声合唱団では学生指揮者を一年間、信州大学グリークラブではパートリーダーを三年間務めた。
   2013年より男声合唱団「えちごコラリアーズ」を務め、2014年より女声合唱団「Vocal Communication こしひめ」を結成、指揮者を務める。
   「Vocal Communication・こしひめ」では2015年2月に、相澤直人作曲「小さな愛、5色」を委嘱初演した。